お知らせ

ジョブトップからのお知らせ・レポート

ジョブトップからのお知らせ、レポート一覧

食中毒対策

2019.06.18
食中毒対策

~ 食中毒予防の三原則 ~

① 食べ物に菌を《 つけない 》

手はこまめに洗いましょう。野菜は生の肉や魚を扱う前に調理を済ませ、まな板や包丁・調理器具などは洗剤でよく洗い、菌を他の食品に付着しないようにする。

② 付着した菌を《 増やさない 》低温保存

生鮮食料品は購入後すぐ冷蔵庫に入れる。ドアの頻繁な開閉や食品の詰め込み過ぎはやめ、庫内の温度上昇を防ぎましょう。

③ 菌を《 やっつける 》加熱・殺菌処理

ほとんどの細菌やウィルスは加熱によって死滅するので、しっかり加熱して食べましょう。肉・魚・卵などを扱った調理器具は、熱湯をかけて洗うか、台所用殺菌剤で殺菌しましょう。

 

食中毒は飲食店だけでなく、家庭でも発生します。お弁当対策も忘れずに。

夏場はキャンプや野外イベントなどでバーベキューをする機会も多くなります。

嘔吐や下痢など、食中毒と思われる症状が見られたら、早めに受診しましょう。

( 参考文献 : 協会けんぽお役立ち情報 )

 

 

 

熱中症に注意

2019.05.23
熱中症に注意

五月は一日の寒暖差と気温の上昇に身体が適応できず、熱中症を発症しやすい時期です。

~熱中症の予防・対策~

①脱ぎ着しやすい服装にする

吸水性・速乾性のよい下着の着用、気温差に合わせ、簡単に着脱しやすい服を選ぶ。

②日差しを避ける

帽子や日傘を利用し、日陰を歩いたり、日陰で活動する。

③こまめな水分補給を

水分、塩分、経口補水液などペットボトルを持ち歩き、こまめに補給する。

④運動やお風呂で汗をかく

軽いジョギングや長風呂で汗をかく身体作りをして、熱がからだに溜まらないようにする。

今週末から来週にかけて各地で最高気温が30℃以上の真夏日になる予報です。

まだ五月だと油断せず、熱中症対策を心がけるようにしましょう。

心身のエネルギーチャージをしましょう

2019.05.15
心身のエネルギーチャージをしましょう

心のメタボが大きくなっていませんか?

〈 メ:面倒くさい  タ:ため息をつく  ボ:ボーッとする 〉

やる気がないから何もしないのではなく、何かをして自分の心にご褒美を与えてあげましょう。

例えば、朝の空気を吸い清々しい気分を得る、散歩をしてきれいな花を楽しむ、部屋を片付けてすっきりする、友達や家族とおしゃべりをする、などなど。

行動することで気分が良くなったり、楽しかったり、プラスの気持ちを生み出します。

外に出かけ、自然に触れてみましょう。目を閉じて、深呼吸をしてみると、木々や葉の匂い・花の香り・風の音・鳥の声、たくさんのパワーを感じるはずです。

できることから始め、心のメタボを小さくしていきましょう。

*心のバランスを整えましょう *

2019.04.17
*心のバランスを整えましょう *

四月は新しい職場、仲間、引越しなど環境変化が多い月。

気付かぬうちに身体と心にストレスがたまり、自律神経も乱れがちになります。

◎生活のリズムを整える

起床・就寝・食事の時間は、なるべく毎日同じ時間になるようにしましょう。良い生活習慣で質のいい睡眠が疲労回復に繋がります。

◎栄養バランスの良い食事をとる

不規則な食生活や偏った食事は心身の疲労・緊張に悪影響です。主食・主菜・副菜を組み合わせ、ビタミン・ミネラルが豊富な野菜や果物が不足しないように心掛けましょう。

◎休日はリラックス

何もしない、のんびりとした時間、自分の好きなように使う時間も必要です。音楽鑑賞、読書、散歩・・身体を動かすこともストレス解消になります。

参考資料・画像:協会けんぽ

GW休業のお知らせ

2019.04.12
GW休業のお知らせ

誠に勝手ながら、2019年4月27日(土) から 2019年5月6日(月)まで

休業させていただきます。

5月7日(火)より通常業務致します。

何卒、ご理解ご協力下さいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

春の全国交通安全運動

2019.03.22
春の全国交通安全運動

 毎年春に行われている【春の全国交通安全運動】ですが

今年は元号が変わってからの5月11日(土)~5月20日(月)に行われます。

4月に入ると新小学1年生の登下校や、自転車で通学する中高生が

増える時期ですので、地域の大人たちで子供の安全を見守ってあげましょう。

 視界の悪い道路や通学路など、事故につながりやすい場所を通る時は

十分な安全確認が大切です。

特に、自転車やバイク・車の運転をしながらの【ながらスマホ】や、

イヤホンを耳にして音楽を聴きながら自転車の運転などは危険です。

みなさん、通勤時は事故の無いように気を付けましょう。

花粉症対策

2019.03.13
花粉症対策

花粉症シーズン真っ最中。症状の悪化を防ぐ為に日常生活での工夫が大切ですね。

①外出時はマスク、眼鏡を使用する。

鼻の横や顎の下の隙間から花粉が入ってこないように、マスクは適切なサイズを選び、正しく装着しましょう。

②ウール素材の服は避ける。

綿やポリエステルなど花粉が付着しにくい素材を着ましょう。

③室内に花粉を持ち込まないようにする。

帰宅時は髪や衣服をしっかりと払ってから入室しましょう。こまめに掃除することも大切です。

④飛散の多い時は窓やドアを閉める。

換気は短時間窓を10センチ開ける程度で十分です。布団や洗濯物の外干しは控えましょう。

⑤帰宅後は、手洗い、洗顔、うがい、鼻洗い、洗眼薬で目も忘れず洗う。

ワセリンを鼻の入り口や目の周りに塗ることで花粉をブロック、保湿効果もあるそうです。

種々の花粉対策グッズ(髪や肌へスプレータイプ、ポリウレタン素材のピッタリマスク‥等)を活用してセルフケアしましょう。

 

 

健康診断結果の活用

2019.02.14
健康診断結果の活用

健診は生活習慣病の早期発見、早期治療に役立ち、予防も大きな目的の一つです。

●要精密、要治療と診断されたら、必ず医療機関へ受診しましょう。

●各検査項目の数値の過去からの推移や、脂質異常・高血圧・高血糖など、動脈硬化のリスクが重複していないかもチェックしましょう。

●エネルギーの摂取と消費に工夫した生活習慣の改善を始めましょう。

 ◉焼く・蒸す・茹でるなど調理方法で、バランスのとれた食事をとることを意識する。

 ◉階段を利用、徒歩で移動、こまめに身体を動かす習慣をつける。

少しの工夫と継続でより良い日常生活になるよう心掛けましょう。

 

インフルエンザ大流行中

2019.01.31
インフルエンザ大流行中

全国で猛威をふるっているインフルエンザ。

予防には、うがい、手洗い、マスクの着用を徹底しましょう。

室内の湿度をコントロールし、できるだけ人ごみは避けましょう。

かかったかなと思った場合は、早めに医療機関を受診し、治療をうけましょう。

                      (大阪市ホームページより)

1 / 812345...最後 »

人材派遣・コンサルティングに関するお問い合わせ

営業時間:平日9時から17時(土・日・祝 休み)

インターネットお問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

0120-477-104

ファックスでのお問い合わせ

06-6227-5085

スタッフ登録はこちら

「やりがいのある仕事をしたい」
「長く勤めてスキルアップしたい」
そういった皆様に最適な派遣のお仕事をご紹介し、企業と皆様をつなぐことが私たちの仕事です。
まずはお気軽にスタッフ登録から!